債務整理の手引き 債務整理について分からないことありませんか?債務整理に関する情報をわかりやく説明しています。

任意整理とは

債務整理の方法の一つとして任意整理があります。
任意整理の「任意」の反対の言葉は「強制」で、
そして強制とは法律に基づいた強制力を指します。
ですので、任意整理とはつまり、法律に頼らない債務整理の方法を指すのです。

では、具体的にはどのようにして債務整理をしていくのかというと、
債権者に同意をしてもらうことが必要となります。
借りたものを返さなければならないのは当然の事なのですが、
貸した人が、「別に返さなくてもいいよ」と言ってくれれば返さなくても良いのです。
そんなことを言ってくれるはずがないと考えるかもしれませんが、
最悪の場合に自己破産したときの事を考えれば、
貸した人としては全く返ってこないよりは少しだけでも返ってきたほうが良いと考えるでしょう。
このような金額を提示して債務整理を行います。
ですから、つまりは交渉することだとも言えるでしょう。
この交渉は素人には難しいですから、法律の専門家である弁護士に依頼するのが良いでしょう。
債務整理を検討しているなら優良な債務整理専門家の選び方 などを参考にされるといいでしょう。

任意整理のデメリット

債務整理の中では任意整理はメリットも大きいのですが、デメリットもあります。
まず、法的な強制力がないということですから、成立するとは限りません。
もしも債権者が応じてくれなかった場合には、任意整理は成立しないことになるのです。
この点でのデメリットは大きいと言えるでしょう。
また債務整理が成立した場合であっても、債務が圧縮されたり
利息がカットされたりする事はあるのですが、債務がすべてはなくなるわけではありません。

任意整理をすると将来利息はカット

債務整理の一つとして任意整理があります。
あくまでも任意ですから法的に何らかの取り決めがあるわけではありませんが、
交渉によって将来利息がカットされることが多いでしょう。
借り入れた資金を返済できなくなる理由として利息があります。
借りている限りは利息が発生しますから、収入よりも利息が大きくなると
返済ができなくなってしまう可能性があるでしょう。
任意整理では返済を可能にするために将来利息をカットすることが多いのです。

任意整理をすると過払い金も回収できる

任意整理をするときには、たいていは過払い金の回収も同時に行われます。
ただし、過払いが発生していたときに限ります。
過払いによって生じる金額に対しては、利子が付いて増える事があります。
つまり、払いすぎた金額よりも大きな金額を返還してもらうことができる事が多いのです。
債務整理を行った事によって、債務から過払い金が差し引かれますから、
債務が非常に小さくなり、返済金額が小さくなることも多いですし、
また返済しなくて良い場合も多いのです。

その他の債務整理の種類